マネー

家賃保証があれば安心|保証人不要の契約方法

連帯保証人が不要

貯金箱

家賃保証会社を利用すると借主側にも貸主側にもメリットがあるといえます。連帯保証人の代わりに利用することができるため、貸主側は家賃の滞納の心配がなく、借主側も信頼を高めて希望の物件に入居することができるのです。

相続税対策

積み木

自宅以外に不動産を所有している世帯では、相続税対策というのは悩ましい問題となるケースがあります。相続税の節税対策として家賃保証サービスを活用したアパート経営を検討している場合、事前に契約内容をしっかり確認しておくことが大切となります。

賃貸経営を安定化する

男の人

家賃保証は、賃貸住宅における家賃等の債務保証を行うサービスです。専門の家賃保証会社が、営利事業としてこれを手がけています。利用時には事前審査が必要です。サービスの運営に係るコストは入居者側が負担します。

賃貸経営に安心をもたらす

つみき

家賃の回収不能を防止する

近年は、アパート・マンション経営に際して家賃保証サービスを利用するオーナーが増えてきています。家賃保証とは、入居者が家賃等を期日までに支払わなかった場合、代位弁済を受けられるサービスです。家賃保証会社と呼ばれる専門事業者がこのサービスを手がけています。連帯保証人を選任する代わりに、あるいは連帯保証人の選任に加えて利用することで、債権の確実な履行を保証することができます。家賃保証サービスを利用する際は、オーナーと入居者の間で賃貸借契約を結ぶと同時に、オーナーと保証会社の間で保証契約を、入居者と保証会社の間で保証委託契約をそれぞれ締結します。契約に当たっては、入居者の身許や収入状況等に関する保証会社の審査があります。この審査に通った場合にのみ、サービスが利用できます。契約締結後は、入居者から保証会社に対して保証料が支払われた時点で保証開始となります。保証料は保証会社ごとに異なりますが、おおむね家賃月額の40〜60%が平均的な相場です。オーナー側に費用負担は発生しません。入居後、万が一家賃等の滞納が発生した場合は、保証契約に定める所定の期限までにオーナーが保証会社にその旨を報告します。すると保証会社は入居者の債務を立て替え、オーナーに支払います。立替分は後日、保証会社が自らの責任において入居者に求償します。家賃以外の債権については保証会社ごとに対応が異なりますが、通常は原状回復費用や明け渡し争訟費用なども同様に取り扱われます。