マンション

家賃保証があれば安心|保証人不要の契約方法

連帯保証人が不要

貯金箱

賃貸物件を借りる際に利用

賃貸物件の賃貸借契約を結ぶときには、連帯保証人を立てることが少し前までは一般的な慣習でした。しかしながら、家族形態の変化や収入の変化に伴って、連帯保証人を立てることが難しい場合やそれだけでは信用が十分でないケースも出てきたのです。近年、増加傾向の非正規雇用者は収入が低く安定していないことから、貸主側が家賃の滞納を懸念する場合が多いのです。借主も連帯保証人も非正規雇用者の場合も増加したことから、家主側の不安は増加しています。そのようなときに利用されているのが、家賃保証会社の介入です。連帯保証人を立てる代わりに、家賃保証会社を間に挟むことで、借主側の信頼度を高めることや、貸主側の安心感へつなげることができるのです。借主側は家賃保証会社を介すると、入居の契約時に一定の保証料を支払わなければならず、初期の負担は増えますが、信頼が高まるため希望する物件を借りることができるようになります。しかし万が一、家賃を滞納してしまった場合には、一時的に家賃保証会社が家主へ支払ってくれ、滞納分は家賃保証会社へ返還すればよい仕組みになっています。家賃保証会社を利用すると、貸主側も借主側もどちらにもメリットがあるのです。また、不動産会社も家賃保証会社を仲介することを貸主に伝えることで、入居希望者をいち早く見つけることができます。連帯保証制度が崩壊しつつある現代では、家賃保証会社の利用は一般化していく傾向にあります。