マンション

家賃保証があれば安心|保証人不要の契約方法

相続税対策

積み木

アパート経営という方法

一定額以上の資産を有している世帯にあっては、相続税対策というのは頭の痛い問題であるといわれています。特に平成27年からは相続税の基礎控除額が以前と比べて大幅に引き下げられており、地価の高い都市部周辺で自宅以外にも不動産を所有している世帯にあっては、早めに相続税対策を検討しておくことが重要であるといわれています。比較的換価や分割が容易な有価証券などの金融資産と異なり、不動産の場合は土地活用や売却には一定の期間がかかることが一般的だからです。相続税の節税対策につながる土地活用の方法としては、アパート経営を行うという方法が有効であることが知られています。相続税の基準となる土地の評価額を下げるとともに、建設資金も借り入れで賄うことにより相続税を大幅に節税できる可能性があります。アパート経営を始めるにあたっては入居者の確保が大きな問題となりますが、近年では家賃保証サービスを利用するケースが増えてきているといわれています。家賃保証サービスを利用する場合、管理会社が一括で借り上げてくれますので実際の入居状況にかかわらずオーナー側は毎月安定した収入を得ることができます。ただ、家賃保証サービスの利用を検討するにあたっては注意が必要な点もあります。長期間の一括借り上げで家賃保証を謳っているケースでも、実際の入居状況や周辺の家賃相場を理由として契約してから数年後には補償する家賃額の見直しを迫られるケースもあります。そのため、契約前にしっかり契約内容を把握し、事前に弁護士などの法律の専門家に相談してから契約するのがよいといえます。